D2Cブランド物流

20社以上のD2Cブランド立ち上げを見てわかった、D2Cブランドが将来「物流」で失敗しない為の「バーコードの作り方」

ECや物流をやる上で必ず必要なデータが「商品マスタ」です。商品マスタとは、商品名や商品コード、型番やJANコード、商品画像などの商品情報のことです。あまり難しく考えずに、「商品マスタ」と言ったら商品情報のことなんだなと思ってください。将来物流のことを考えると、バーコードは必ず必要になってきます。創業間もない頃は販売量も少ないので品番などの特定の番号があれば出荷作業も比較的やりやすいですが、将来販売量が増えてくると物流のシステムや仕組みが必ず必要になります。物流をスムーズに行うためには現在はバーコードが最も合理的な手段の1つです。
お知らせ

無料で使える在庫管理システム「ロジクラ」に、営業倉庫を対象とした『WMSプラン』が登場。 ~営業倉庫は荷主ごとにWMSを導入できる~

初期費用10万円。月額利用料が3万円で、営業倉庫は荷主ごとにWMSを導入することができる。
お知らせ

在庫管理ソフト「ロジクラ」に発注点アラート機能が追加 〜従来の発注数量決定プロセスを大幅に削減する事ができる〜

従来の発注数量決定プロセスを大幅に削減。「ロジクラ」は今後、発注担当者向けの便利機能を開発していく。
お知らせ

【3週連続リリース】無料で使える在庫管理アプリ「ロジクラ」のAndroid版がリリース! ~商品連続スキャンや商品マスタをインターネット上から検索するAndroidオリジナル機能も搭載~

株式会社ニューレボ ( 東京都港区、代表取締役 長浜佑樹 )は、クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」( https://logikura.jp )において、Android端末を使った商品管理や入出荷の在庫管理が利用可能な「Android版無料アプリ」を2018年11月29日より提供開始することを発表いたします。
在庫分析

在庫の重点管理でキャッシュフローの安定を!3ステップで分かるABC分析表の作り方!

ABC分析とは売り上げや在庫などの各データをグラフ化し、会社に貢献しているものには重点的な管理をし、そうでないものは標準的な管理をするという手法の1つです。20:80の法則でおなじみのパレート法則に基づいたものです。ABC分析をすることで会社の強みに時間をかけて分析をすることができる為適切なリソース配分にも繋がります。また、重点管理を取り入れることで何を辞めるべきかを数値を元に分析することができるようになるでしょう。
在庫管理

在庫管理の精度を上げるコツ「ロケーション管理」とは?2種類の管理の方法を徹底比較!

ロケーション管理とは倉庫内の在庫置き場を正確に表したものです。例えば倉庫内の「A」という場所に保管するというようなざっくり管理ではなく、棚割りを正確に決め、「X - Y - Z」などの形式で表すやり方が一般的です。ではなぜ、ロケーションを正確に割り振るのかというと在庫管理を正確に行うという面ももちろんありますが、答えはズバリ、「ピッキング作業を効率に行うため」というのが本来の目的です。